この島には何があるの?島の名前と有名スポット、主な交通手段!

西表島には何がある?

沖縄県全体の中では南西部に位置する「西表島(いりおもてじま)」は、とても特殊な環境である事で知られます。島内に平地エリアはほとんどなく全域が熱帯雨林で構成されており、空港すら存在しません。ではどうやって向かうのかというと、東側の島から高速船で向かうという形になります。なお高速船での所要時間に関しては島の西部に位置する港までは35分・北部に位置する港までは40分です。そして、島の海沿いを県道が通っており、この道をバス・タクシー・レンタカーを使用して移動する形となります。有名スポットと言われるのは、熱帯雨林の内部に位置するいくつかの滝(カンピレーの滝など)です。ちなみに、それらの滝を見に行きたい場合は、歩いて森林内を進むだけでなくカヌーで森林内に入っていくという形もとれます。

久米島には何がある?

沖縄本島の約100km西には久米島という人気離島があります。島へのアクセスについては、沖縄本島南部から飛行機または船で向かう形が基本ですが、夏場に関しては本州内の一部空港から直行便で向かう事も可能となっています。こちらの島に関しては西表島とは違って開拓された平地エリアが中心となっており道路網も発達しているので各地を通る県道等を利用して島内をスイスイ移動できます。

そんな久米島最大の有名スポットと言われるのが、島の東端に広がる南北幅約4kmのイーフビーチです。全国的に見てもかなり大きな規模のビーチであるため、観光シーズンのピークとなる夏場に訪れた場合でも混雑に苦しまずに済みます。ビーチの東側には浅瀬の海が続いているため、幅広い人達が泳いだり水遊びを楽しめる事も人気の秘訣です。

沖縄ツアーでは一棟貸切コテージや、プライベートプールがついた隠れ家風コテージなどに宿泊するツアーがあり、カップルやファミリーに人気があります。